貸切バスはこう選ぶ!バス選びで大きく変わる!

貸切バスの選び方のポイントとしてはどのようなものがあるでしょうか。グループで旅行をする時や、修学旅行の視察をする時、会社での慰安旅行の時、などなど、貸切バスを利用できるタイミングというのは多くあります。ただ、貸切バスと言っても利用することが出来る会社は様々で、どの会社のどんなバスをどのようなプランで利用するか、ということが重要になってきます。そこでここでは、貸切バスの選び方のポイントについて紹介します。

まず考えるべきなのが、利用する貸切バスの大きさについてです。大は小を兼ねると言いますが、貸切バスの場合、あまり大きなものを選んでしまうと必要な費用が大きくなってしまいます。一番は「過不足ないサイズ」のバスを選ぶことです。同じ貸切バスであるとはいえ、小型のミニバスと、大型のサロンバスとでは利用料金に大きな違いがあるため、人数や荷物の量などを見て利用するバスの大きさを選ぶようにしましょう。利用できるバスの大きさについては、バス会社によっても違いがあります。非常に幅広いバスを用意している会社もあれば、決まったサイズのバスしか用意されていない会社もあります。合致するバスがあるのであればどちらでも構いませんが、柔軟に利用出来るかどうかをよく考える必要があります。

また、同じバスの大きさであっても、設備が同じであるとは限りません。例えばトイレがあるバスもあれば、無いバスもあります。他にも、バリアフリー化されている車両や、消音システムなど、様々な違いがあるものです。基本的にはグレードが高いバス程利用料金が高額になるため、快適な利用と利用費用とのバランスを考えてバスを選択する必要があります。利用料金については、バス自体の費用とは別に燃料費なども必要となります。ここでも、大型バスの方が燃料費が高くなり、総合的に高額になることにも注意が必要です。また、年式が古いバスについても、燃費が悪く燃料費が高額になる可能性があります。

さらに、貸切バス利用のプランについても考える必要があります。乗務員がバス運転手だけのプランもあれば、ガイドの付いているプラン、複数の添乗員がいるプランなどもあります。当然、関わる人数が多くなるほど考えなければならない予算も大きくなります。この点も、やはりバランスを考えながら選択をする必要があるでしょう。また、会社による違いもあるため、個別に比較をすることも必要です。そうすることにより、自分たちにとってピッタリなプランを見つけることができるでしょう。